ネイル

ベースコートの代わりに!VINYLUXの126番がおすすめな理由

ベースコートの代わりにバイナラクス126

自分でネイルポリッシュをするときベースコート、塗っていますか?

セルフネイラーさんの中には、

そもそも、ベースコートって必要?トップコートで代用してはいけないの?

と思う方もいるかもしれません。

同じクリアネイルに見えるベースコートとトップコートですが、明確な役割の違いがあることを知っていますか?

ネイルポリッシュを塗るときは、ベースコートから始まりトップコートでフィニッシュが基本。

なっちゃん
なっちゃん
ジェルネイルでも同じです

そこでこの記事では、ベースコートとトップコートの違いを説明しながら、時短にもなるオススメのベースコートを紹介します。

ベースコートをしっかり塗るだけでネイルが長持ちするので、ぜひご一読を!

トップコートとベースコートの違い

トップコートとベースコートの違い

まず、トップコートとベースコートはそれぞれ役割が違います。

それぞれの役割は以下の通り。

ベースコートの役割

・爪への色素沈着を防ぐ

・爪への定着をよくしてくれる

・ネイルポリッシュの定着もよくしてくれる

・ネイルカラーの発色をよくしてくれる

これに対してトップコートは、

トップコートの役割

・ネイルカラーに艶をだす

・ネイルカラーを剥がれにくく保護する

ネイルカラーは直接爪に塗ると色素沈着をおこし、爪が黄ばんでしまうこともあるんです。

そして、ベースコートは爪への定着をよくしてくれる役割が大きいので、しっかり塗ることでネイルも長持ちします。

ネイルカラーを塗らないクリアネイルをするときもベースコートは必須。

同じクリアでも役割が違うから。

×いきなりトップコートを爪に塗る

→定着成分がなく取れやすい

◎ベースコートを塗ってからトップコートを塗る

→定着成分が働いてネイルが長持ち

 めんどくさいベースコートはVINYLUXの126番で代用できる

f:id:NACCHAN:20180426125248j:image

ベースコートはネイルを長持ちさせる意味でも大事な存在ということはわかりましたよね。

とはいえ、

ベースコート→ネイルカラー(2回)→トップコート

なっちゃん
なっちゃん
4回も乾かしながら重ねるの?めんどくさい…

って思いますよね。

そこで私がオススメなのがVINYLUX(バイナラクス)というネイルポリッシュの126番です。

ベースコート機能をあわせ持ち、8分半で乾くという速乾性の高いネイルポリッシュなのでそのまま爪に塗ってOK!

中でも126番という色はベースとして使っても主張しない色みなんです。

なっちゃん
なっちゃん
爪のコンシ―ラ―代わりに使えるような色です。

色が大人しいので(ちょっと白っぽい)

・ベース代わりにも使える

・このままトップコートを塗れば控えめなネイルが完成する

職場が厳しい人、おとなしい色で仕上げたい人は1本あると便利な色です。

 

 

実際にベースコート代わりに塗ったバイナラクス126の色味

f:id:NACCHAN:20180424154531j:image

バイナラクス126番をベース代わりに使い(①)色ムラをなくすために3回塗った後、O.P.Iのネイルラッカー(S86)を塗った様子がこちらです(④)

 

OPIのネイルポリッシュ(S86)は、そのままぬると自爪の白い部分が透けてしまうような薄い色。

f:id:NACCHAN:20180424155139j:image

でも、バイナラクスの126番を下地として塗れば色の差をなくしてくれるのでコンシ―ラ―のように使うこともできるんです。

f:id:NACCHAN:20180424155151j:image

バイナラクス(126番)を塗った後のOPI(S86)はこんなにもツヤっとぷるんと発色します。

バイナラクス126番はフットネイルのベースコートにもおススメ

バイナラクスはフットネイルにもおすすめ

フットネイルに使うときも、バイナラクス126番はベース代わりとしてオススメ。

爪の色を補正しながら爪への定着もよくしてくれるので、少ない工程で仕上げることができます。

フットネイルにジェルをするのも可愛いですが、巻き爪の方は要注意。

ジェルが爪に留まろうとすることで爪が丸まりやすくなり、巻き爪の原因になることもあるんです。

ジェルネイルでも付けっ放しにせず、定期的(1ヶ月半に1回)に付け替えることが大事です。

でも足の爪は伸びるのが遅いし、付けっ放しになりがち!という方にはポリッシュがオススメ。

さきほどバイナラクスと使ったO.P.IのS86はフットネイルにもおススメのヌーディなベージュです。

フットネイルは定番の真っ赤も素敵ですが、濃い色は先端が欠けたり剥げたりしたときに目立つのに対してピンクベージュだととってもお上品。

 

バイナラクスの塗り方

f:id:NACCHAN:20180425090800j:image

バイナラクスは刷毛が細めなので、図のようにキューティクルライン(根元)をなぞった後、よこへ進めていく塗り方がムラなく綺麗に仕上がります。

ネイルポリッシュを綺麗にぬるコツはこちらの記事に詳しく書いています。

あわせて読みたい
マニキュア(ワンカラー)を奇麗に塗る方法!ネイリスト直伝セルフネイルを奇麗に仕上げるコツ②前回は甘皮処理の大切さや効果的なやり方についてまとめました。 美しいネイルの仕上がりにはキューティクルライン(爪の根元)がポイント! ...

まとめ:ベースコート不要のバイナラクスを使えば時短でネイルを楽しめる

ベースコートの代わりにバイナラクス126

ネイルの持ちにもつながるベースコートの存在。

主に、

・爪への色素沈着を防ぐ

・爪への定着をよくする(もちがよくなる)

・ネイルカラーの発色をよくする

役割があります。

ベースコートの代わりにバイナラクス126番を使えば、

・ベースコートの機能も持ち合わせているので1つ工程を省ける

・爪のコンシーラーとして色を調整できる

使い勝手の良いポリッシュ兼ベースコートとして1本あると便利ですよ。