おすすめ

引越し一括見積もりで業者を選ぶ4つのポイント!多数の営業電話が嫌!安くても個人情報をばら撒きたくない人におすすめのサイト

引越し一括見積もり業者の選び方

引越し料金を安くしたい!

これは誰しも思うこと。

私も、東海から北陸への引っ越しが決まった時点で、ネットで見積もり依頼 をし一括見積もりを利用しました。

でも、安くするためといっても一括で見積もりをとることに不安もあります。

私が引越しのため一括見積もりをとる際に避けたかったのは、

・しつこい営業電話

・いきなり複数の業者から電話がかかってくること

・そもそも一括で見積もるために引っ越しに伴う個人情報を不特定多数の業者にばらまくのは気持ち悪い

そこで利用したのが、LIFULL引越し見積もり です。

この記事では、私が利用した引越しサイトのおすすめポイントと、過去2回の引越し経験から一括見積もりで業者を決める際の4つのポイントをまとめました。

一体験談として参考になれば幸いです!

【LIFULの引越し見積もり】は一括見積もりを依頼する会社を自由に選べる見積もりサイト

f:id:NACCHAN:20180128153429j:image私が利用したLIFULL引越し見積もり では、見積もりを取りたい会社数や種類を選べます。

アート、サカイ、アリさんなど大手業者から地域に密着した優良中小業者まで依頼ができるサイト。

・とりあえず大手の3社で比べたい

・距離的に地域に密着した業者でもよさそうだけれど、安心の大手だといくらなのか2つを検討したい

など、見積もり依頼の時点であらかじめ自分で目処が立てられます。

自分が依頼したい業者や数をある程度選び把握しておければ、

・どこの会社に自分の引越し情報を送っているか、

・営業電話がかかってくる会社を事前に把握できる

というメリットがあります。

通常の引越し見積もりサイトでは見積もり時点では自由に業者を選べないのが欠点。

一括見積もりでは、たくさんの業者が連絡をくれますが、あまりにも電話が鳴りっぱなしも怖いと私は思うんです。

過去2回の引越し経験のうち、初めて引越し見積もりを利用した私は、引越し会社からの複数の電話にちょっとびびりました。

かなりの詳しい個人情報を具体的に何社に送っているのかわからないところって不安と感じたからです。

一人暮らしの女の引越しは危険?引っ越し一括見積もりで個人情報をばら撒きたくない私がとった対策

引越し一括見積もりで個人情報をばらまきたくない

私のはじめての引越しは大学生の頃。

にいな
にいな
女一人暮らしの情報をたくさんの引越し会社にばらまくなんて危険すぎる!

という高い高い危機管理意識のもと、〝名字太郎〟として見積もり依頼をしました。
 

苗字だけ本名で下の名前をタロウに。

勿論当時は真剣で、そんな名前でも業者さんは普通に見積もりをしてくれました。

でもややこしいことしたくない…。

というか契約の時、見積もりのために訪問に来た時、気まずいのです…。

そんな学生の頃の私の教訓を生かして今回使ったのが LIFULL引越し見積もり のサイト。

2回めは家族での引越しでしたが、事前に3社に見積もり依頼をし、電話対応もどこから電話がかかってくるのか事前にわかっている状態は安心でした。

名字太郎は今となっては笑い話…そっと心の中にしまい、これから引越しをするあなたにはLIFULL引越し見積もり をおススメします。

▶︎▶︎▶︎ネットで見積もり依頼

 

引越し一括見積もりで業者を選ぶポイント

引越しは、一括で見積もり依頼をしてからがまた大変。

そこからさらに業者をしぼらなければなりません。

複数の業者に振り回され、時間を無駄にすることなく選びぬくための私なりのポイントを4つにまとめました。

引越し一括見積もりで業者を選ぶポイント①

一括見積もりは料金を比較するのではなく対応を比較する 

私も使ってみて驚いたのですが、一括見積もりは情報を入力したら各社の見積額が一度に並ぶものではありません。

 

各社、訪問見積もりのアポを取ろうと連絡をくれるのですが、その際の対応は各社様々。

家族での引越しは繁忙期ど真ん中だったこともあって業者によって対応が全く違いました。

とくに繁忙期に引越しをする際は、会社としては営業をがんばらなくても忙しい時期。

一括で数社に見積もりの声かけをし、対応の早さや良し悪しは自然と見えてきます。

繁忙期の引っ越しで、見積もり電話の時点で50万から25万になった話は別記事に▼

引っ越し一括見積もり体験談
【体験談①】引越しするなら一括見積もり!50万→25万→17万になった我が家の引越し昨年の3月上旬、家族3人で引越しをしました。 単身の引越しは1度だけ引っ越し業者に頼んだことがありますが、海外へ留学した時や上京した時...

引越し一括見積もりで業者を選ぶポイント②

一番に見積もり訪問にくる業者は値段交渉しやすい 

一番に見積もりにくるということは、いくら最安値です!と頑張ってもその値段を引き合いにだされて安くとも他者に取られてしまうリスクもあるわけですよね。

そのリスクをわかった上で一番に飛んで来てくれるので、値段交渉もとても前向きです。

私の過去2回の引っ越しも全て1番に見積もり訪問をとりつけた会社と契約しました。

一括見積もりで訪問見積もりをお願いし、一番乗りで営業マンがやってきた時の値段交渉の様子は別記事にまとめました▼

引越し値段交渉の仕方
【体験談②】引っ越し費用・値段交渉の仕方は?25万から17万になった我が家の引っ越しから考える繁忙期でも安くなる6つのポイント引っ越しの一括引越し見積もり を利用したことで、引っ越し費用がいきなり50万円から25万円になりました。 この記事では、訪問見積も...

引越し一括見積もりで業者を選ぶポイント③

営業マンの〝もし今決めてもらえるなら〟は本気度高め

学生の頃初めて引越しをお願いし、16万が3万になり驚きました。

しかも誰もが知っているかなり大手の業者さんで。

これも一括見積もりを使い、一番最初に来た業者さんです。

この時は戦略も何もたまたま流れでそうなりましたが、〝今うちに決めてもらえるなら〟という言葉がでて、3万に決まりました。

今決めてもらえるならって他と比べさせない感じもありますが、〝〇〇社がいくらと提示してきた、と次の業者に値引きの基準にされるのは悲しいので、本当に今決めてもらえたら〟と言われ、私はこの言葉の本気度を感じました。

そして、交渉しながら除除に値段を下げてくるということは引越し経験2回とも別業者さんですがありませんでした。

‘今うちに決めて頂けるなら’という言葉が出た後は、一気に決めに来る感じです。

引越し一括見積もりで業者を選ぶポイント④

④自分の中でいくらまで出せるか決めておく

値段交渉をしてどんどん値段がさがっていくと、逆にもっと安くなるんじゃないか?次の見積もりに来る業者に前の業者はこの値段だったと言えばさらに安くなるんじゃないかと欲が出てきます。

荷物の量や時期、状況などから、いくらまでなら納得できるのか自分の中である程度イメージしておくことも大切。

引越し費用の交渉は16万が3万に、50万が17万になるなど、本当に相場がわかりにくいですね。

引っ越しは決まってからが本当に忙しい!

業者さんの言うことに振り回されて比較するのに時間がかかるよりはここまでならOKのラインを自分で作っておくことをお勧めします。

無駄の少ない引っ越しサイトを利用して安くて快適なお引越しを

新しい生活を気持ちよくスタートするためにも快適な引越しは大切

私が利用したLIFULL引越し見積もり なら、自分で予め見積もり依頼する相手を選ぶことができ、たくさんの営業電話を受けることがありません。

・あらかじめ見積りをとりたい会社をえらべる

・引越しにともなう個人情報を多くの業者にばらまかなくて良い

・見積もり業者をえらべるので営業電話の数をあらかじめ把握しておける

新しい生活を気持ちよくスタートさせるためにも、安心して快適に引越しを終えることは大事なこと。

一体験談ですが、参考になれば幸いです。

一括引越し見積もりはこちら!
▶︎▶︎▶︎LIFULL引越し見積もり